ガレージリフォーム

ガレージリフォームの費用・相場

ガレージリフォーム

車の台数が増えてきたり、車庫の建て付けが悪くなった、使い勝手が悪くて不満があるというときには、ガレージリフォームを依頼することで問題を解消できます。リビングやキッチン、バスルームのリフォームとはまた違った内容ですので、費用・相場を正しく理解し、無駄のないリフォームを行うのが理想です。

 

住まいの敷地内に独立したガレージを設置する場合だと、100万円くらいの予算が必要です。100万円の水準は必要最低限ですので、これよりも高くなることを想定しておくのが無難です。比較的安い予算でリフォームできるものは、組み立て式の簡単な施工内容であるものが多くを占めます。組み立て式ならシャッター付きでも100万円くらいで設置可能です。もっとこだわりたいなら、ロフトをつけたり、車のメンテナンスをするための設備を整えるガレージリフォームも可能ですが、その分だけ費用・相場が高くなります。設置するものの数や品質、施工の難しさなどによって違ってくるものの、本格的なガレージに仕上げると、1000万円を軽く超えてきます。
リフォーム費用だけを考えて予算を組むのは危険です。ガレージを造ると建築基準法に該当しますので、固定資産税が発生します。毎年税金を支払う義務が生じることも計算して、予算を組むのがおすすめです。

 

独立型のガレージではなく、住宅に埋め込むようにガレージを造る方法を、ビルトインガレージといいます。ビルトインガレージのガレージリフォームならば安く済みそうですが、実際には住宅の一部屋のように組み込まれますので、高度な施工が必要です。費用・相場としては200万円〜300万円くらいを想定しておくのが良いといえます。ビルトインガレージの場合の固定資産税ですが、建物の面積が増えるのでなければ設備がシンプルになった分だけ、税金が安くなる場合もあります。工夫することで固定資産税の節税対策に使えるのが、ビルトインガレージのメリットです。

リフォーム業者の選び方

ガレージリフォーム

リフォームは家の中や外装を改良したり、変える建築関係の手段ですが、値段や改築方法、質は対応する業者によって変わります。可能ならベテランよりでサービスが良い、安くて見栄えも機能も良く造ってくれる業者が理想的です。クオリティー性が充実したリフォーム業者を見つける・選び方は

 

・対応がしっかりしていて、料金を明確に教えてくれる業者を探すべきです。相手側は当然に商売なため、利益を上げたがります。悪質な業者はお金を回収する為に曖昧にしたり、[やってみなければ分からない]などの言葉を使って、プレッシャーを与えて来るのが問題点です。

 

・人の話を良く効聞く者(担当者)がいると安全でしょう。お客さんの話を良く聞きながら要求に沿おうとする姿勢は、負担を増やそうとする印象は与えにくいと言えます。悪質な会社はお客さんの話を良く聞かないで我を通す傾向がありますから、注意すべきです。

 

・直ぐに工事やリフォームに取り掛かろうとしない様子があります。計画をきちんと立てて、どうすべきか念入りに考える傾向があれば、問題は薄いでしょう。悪質な業者は粗雑で大ざっぱ、自分勝手な様子がありますから注意したいところです。

 

・インターネットで宣伝を幅広く行っているリフォーム会社は安全な可能性が高いです。その理由は宣伝を多くするほど、人の目に晒されやすくなり、不正や悪質な行為をしにくくなるからです。直ぐに悪事が知れ渡る時代ですから、そこは知っておきたいポイントになります。

 

・ポイントサイトに広告を出しているリフォーム会社は利他的な可能性があります。基本的にお客さんが、サービス利用したらポイントを進呈する行為は、業者にとってリスクがあり、損は増えます。それを踏まえた上でポイントサイトに広告を出している企業は、利他的な可能性が高いです。

 

・コマーシャルにたくさん出てくるリフォーム会社や、創業年数が多い会社や業者を選ぶとメリットになるでしょう。儲けを得ている会社はサービスが良い可能性があります。

リフォームする際の補助金

ガレージリフォーム

人間は、加齢に伴って身体の機能が低下していくものです。具体的には、筋肉量が低下して痩せ気味の傾向になり、それに伴って前傾姿勢にもなります。認知機能、判断力なども低下して、今まで普通に出来ていたことが出来なくなる場合があるのです。また、加齢のみならず、思わぬ事故や病気により、身体に障がいを負ってしまう場合もあります。これらの原因により、一人でトイレに行くことが出来なくなったり、問題なく乗り越えられていた段差につまずいて転倒したりということも増えてきて、寝たきり状態になる可能性も出てくるのです。

 

しかし、たった1ヵ所でも掴むところがあるだけで、身体が安定し排泄行為の自立や転倒予防につなげることが出来ます。平成12年に施行された介護保険法では、介護福祉施設に入所し介護を受けて生活する施設サービスと、自宅に住みながら介護を受けて生活する在宅サービスの2種類が存在します。在宅サービスの中には、デイサービスやホームヘルプサービスが代表的ですが、住宅改修というサービスもあります。住宅改修の主な内容は、手すりの取り付け、段差の解消、滑りにくい床材への変更、和便器から洋便器への変更、開けやすい扉への変更、それに付帯する軽工事などのリフォームです。リフォームにかかる工事費上限20万円のうち、18万円までの補助金を受けることが出来ます。(負担割合2割の方は16万円)20万円を超えた分の工事費に関しては、全額自己負担となります。介護保険の住宅改修を行いたい方は、要介護認定を受けていることが条件になります。

 

また、保険者に住宅改修に関わる申請書類(申請書、工事が必要な理由書、図面、工事写真など)の提出と許可を受ける必要があります。詳しくは、お住いの市区町村窓口、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所などに相談しましょう。住宅環境を整備することにより、慣れ親しんだ自宅での生活を続けられるようにしましょう。

リフォームの工事の流れ

ガレージリフォーム

古くなったら建て替える」が常識であった一昔前とは異なり、今は空前のリフォームブームです。今ある建物を生かして理想の形に作り替えていくリフォームは「リノベーション」とも呼ばれ、若い世代には特に人気です。ここではリフォームの流れについて説明します。

 

■相談
まずは沢山あるリフォーム会社の中から、施工事例や口コミなどを参考に、自分の理想とする会社を選定し、相談に出向きましょう。メールや電話ではなく、図面などを持参して実際に担当者と話をするとよいと思います。
■現地調査
次に現地調査です。プロの担当者に来てもらって、現地を確認してもらいます。自分がやりたいと思ったことが実現するのかどうかは現場を見てみないとわかりません。この時に採寸も行い、希望を再確認します。
■見積もり確認
現場調査を受けて、見積もりが出されます。プランニングやイメージ図も一緒に出てきますので、金額と照らし合わせて、予算に合うかどうかを検討します。
■打ち合わせ
見積もりとプランの内容に納得できたら、再度打ち合わせを行います。疑問点がある場合は確認を行います。
■契約
内容に十分納得できたら契約に進みます。工事の内容によっては、この後工事が完了するまでお引っ越しをしなくてはならない場合もあります。
■近隣への挨拶
大きな工事の場合は、騒音などで近隣にご迷惑をおかけすることもあるので、担当者が挨拶に伺うこともあります。このような対応をしてくれる業者さんは安心ですね。
■施工
挨拶が完了したら、工事開始です。工期は内容によって長短様々ですが、時間があるときは現場に足を運び、進捗状態や希望通りに実施されているかを確認するとよいでしょう。細かい変更点等も発生する可能性があります。
■引渡し
工事が完了したら、現場で施工内容の確認をします。その際に新たな機器の取り扱いについてや、今後のメンテナンス方法についての説明を受けます。アフターサービスについても確認します。内容に納得できたら引き渡しとなります。

リフォームよくあるトラブル

ガレージリフォーム

自宅をより住みやすくするため、リフォームを行う人は多いようです。夢や希望を持ってリフォームを頼んだというのに、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうケースが実際にあるようで、残念なことにその件数は決して少なくありません。リフォームにかかる費用は安くはなく、お金の問題以前に、せっかくのマイホームからトラブルが発生するということに心が傷付き、想像以上に痛手を負ってしまうケースもあるようです。

 

どのようなトラブルが発生しているのかというと、最も多いケースとして挙げられるのは、打ち合わせの段階でのイメージと異なってしまったということです。例えば、壁や床の色やデザインが異なってしまい、業者と揉めてしまったといったケースです。打ち合わせの時に、しっかりと色やデザインを話し合ったはずなのに、実際に施行されている現場を見に行ったところ、明らかにイメージと異なる材料が使用されていて驚いたというケースが存在します。業者だけが悪いのかというと、依頼主が抱いていたイメージを明確に伝えられていなかったケースもあるようです。そのような事態を防ぐには、打ち合わせの時から色やデザインの見本を見ながら、業者へ自分の要望を的確に伝えることが重要といえます。

 

また、何かしらのリフォームでのトラブルが発生した際に、契約書がないことで業者の非を立証することができなくて困ったといったケースもあります。決して安くはない費用がかかる工事でありながら、契約書なしで施工を進めようとする業者も存在しているのが事実です。リフォームを依頼するのが初めてだという場合はなおさら、どのように工事が進められていくのか、流れを把握することが難しいと思われます。業者先導で全てが進んでしまいがちになりますが、契約書を提示してもらうことを忘れず、その内容にもしっかりを目を通し、後で悔いることのないようにしておくことが大切です。不運にもトラブルが発生した場合でも、契約書があることで業者の非を立証することへとつながります。